絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

すばらしき日曜日

d0220685_10391131.jpg

すばらしき日曜日
暮らしの手帖編集部
暮しの手帖社


朝一番に、こっちゃんがケガをした。
大泣きで、姉2人に連れ添われて帰宅。

「どうしよう、先に登校してもいい?待った方がいい?」
そう聞いてくる姉ふみ。

昨夜わたしすごく彼女に怒ったな・・・と思い出す。

「大丈夫、先に行ってて、ありがとう」

心配をしている2人を、分団に行かせて
大泣きのこっちゃんを連れてダイニングへ。

末娘のあおは、血に驚いて
「どうぉしたのぉ?!」と目を白黒させている。

いっちょまえに、「こりゃ痛いわ、泣いちゃうわ、痛かったねぇ。もう大丈夫よぉ」
なんて3歳に言われながらも、泣き続けるこっちゃん。

消毒して、石がはいってないか確認。
こりゃ病院だわ、とすぐに町医者さんに連絡。

無事に診察が終わり、寒いさむいといいながら
昨日とは打って変わった木枯らしに肩をすぼめて自転車を漕いだ。

大阪出張の夫の出かけには間に合い
約束のボタンつけを終了。
なんと駅まで送るという慣れないことまでしてのけると
「事故するなよ」などと言われる始末 苦笑

こっちゃんは、一通り治療が終わると
安心したように、口を少し開けて
ほっぺに伊東四朗皺を作りながらの照れ笑いを始終していた。

たいしたことないのに、さっきまで大泣きしていたことに
少し恥ずかしい記憶がよみがえったのか
いや、そんなことはないだろう。
先生や、看護師さん、はたまた待ち合いのおじいちゃんたちの
労いの言葉に嬉しさを感じてのその笑顔。

遅刻で到着した学校は、ちょうど放課。
みんながかけより、おでこにでっかく貼られたガーゼを見て
誰もがぎょっとする。

ただの擦り傷なら病院なんて行かないけど
少し深かったからね、痛かったね。


というわけで、たいしたことないと言っても
子どもの怪我というものは、字の如く我を怪しくするものだ。
親の私まで怪しくさせる。

朝っぱらからどっと疲れたので、家事仕事、仕事の前に
どっかりとパソコンに座り 
一番好きなマリアージュフレールのマルコポーロを
飲みながら冷えきった体とざわついた心を溶かしている。


さて、こういう日常の中にもふと気付けば、
たくさんの事件や発見や憂いがある。
あまりにありすぎて、普通のことのように思えるが
実は普通ではなくて、最上の宝物の集合体が『普通の日々』なのである。

わたしの最近の楽しみのひとつと言えば
それはそれは、ささやかなもので、
おトイレにお待ちいただいているこの本。


矢島正雄原作、弘兼憲史作画の「人間交差点」も大好きだけど
わたしたちが書くような日常の一コマを切り取った投稿集も大好きだ。

どの投稿にも、考えさせられたり、ホッとさせられたり
人間とは、はたしてどれほどおもしろいのかと
にんまりさせられる。


さて、同名のしかも黒澤作品で映画があることを知った。
戦後間もないころ、お互いのポケットには35円。
どう日曜日のデートを楽しむのだろう。



[PR]
by sorita-exlibris | 2011-12-06 10:41 | 暮らしに役立つ本