絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

からっぽのくつした

作 リチャード・カーティス
絵 レベッカ・コッブ
訳 木原悦子
世界文化社

d0220685_22273446.jpg




双子のサムとチャーリー。
サムは絵に描いたようなおりこうさんで、チャーリーはもう大変ないたずらもの。
さらっと書いてるけど、これはこれは相当ですね。


といういたずら好き。

しかも今年一年はやりすぎたときている。
親までもがサンタさんがプレゼントを持って来るか心配しているのだから相当だ。

さすがのサンタさんも、いくらなんでもプレゼントはくれるだろうと思ったら
なんと一個もあげなかった!!!
さてさて、お仕置きとはいっても、本当にプレゼントないのかな?
だってクリスマスだよ?!

という声が聞こえてきそうです。

この絵本、だれが作者かというと、『戦火の馬』や『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた
リチャード・カーティスの書き下ろし本です。
最初そんなことを気づかずに読んでいると、DVDをみているシーンで
ビデオラックをみると、およ?およよ?
なんでこのDVDが揃ってるの?あれ?
と思う場面があります。
これだから絵本っておもしろい。
絵も可愛いんですよ。 
ぜひぜひ手に取ってね




今日シュタイナーの学校のクリスマスについての講義がありました。
そこで直接そのお話とは関係ないけれど、サンタがいるのかどうかの真偽について
いつか子どもに聞かれるのでは?と質問をされた方への返答がよかったのですが
例えば、聖ニクラウスでいくと、良い子にはプレゼントが渡され、悪い子には、渡さないか
ひどいプレゼントになる、と言われていますが
普段この絵本のチャーリーのように、いたずらの度が過ぎたらどうなるの?
という時、先生は
「悪い事もしたけれど、いいことは悪い事より少しでも多いとすれば君はよいこだよということです」
と言われたのはよかった。
結局、この絵本のチャーリーもそこで救われたのだから。

あと先日百町森の柿田さんも通信の記事のなかで書かれてましたが
果たして、子どもが望むものをすべていいなりになってプレゼントしていることがいいことなのか?
サンタが電子機器類を渡すこともいいことなんだろうか?
これから子どもを育てる人は少し考えてほしいと先生も話されました。

たしかにそうだと思うのです。
我が家では希望をサンタに手紙で出していますが、叶うときもあれば叶わないときもある。
なぜなら、サンタさんはいまのあなたにとって良いと思うものを持って来てくれると伝えてあるからです。

クリスマスの時期だからこそ、穏やかなに日々を過ごしたいと思います、

クリスマスまであと19日

※世界文化者社のHPで購入できます
[PR]
by sorita-exlibris | 2014-12-06 22:43 | クリスマスの絵本