絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

にっぽんのおにぎり

d0220685_0131032.jpg


にっぽんのおにぎり
白央篤司
理論社



ゴクリ・・・・。
みたとき、思わず生唾を飲み込んだ。
家に帰ればご飯はある。
用意をしてきた。
でも、予想以上に本屋に長居をしている。

本屋というのはメルヘンハウスさんのこと。
打ち合わせで何度かお邪魔したことを嗅ぎ付けた子どもたちは
ブーブー。とブーイングの嵐。
そこで、みんなの予定が空いている木曜日に
ご飯の支度をすませてから出かけたのだ。

ところが、ところがお腹がぐぅとなる閉店までいたわたしたち。

ちょうど、どこかでおにぎりをにぎるお勉強会をしたいと思っていたので、
スーパーでおにぎりを買うような感じで、買い物かごに
この本をいれた。

レジでお会計をしていると、まず双子の姉が
「ちょっとおいしそう!お母さんおにぎり買いにいこ!」という。
いやいやちょっと待って。
支度してあるから。といいつつわたしもおにぎりモード。

車に乗車すると、見ていなかった双子の妹と末娘に見せると
「おにぎり!!おにぎり食べたい!!!」
この本には魔法でもついてるのか?
わたしたちは猛烈におにぎりが食べたい病になってしまった。


そこで、スーパーに行き、おにぎりの具材を買い求めた。
しば漬け。豚味噌、たらこ、高菜漬け、野沢菜漬け、のりの佃煮。シャケ。

い、、、いくらは我慢。天むすも無理。


家に着くなり、それぞれにおにぎりを一心不乱ににぎりはじめる。
もう、その連携といったら、いつもそうしてください!と言わんばかりの
スムーズな動き。

おにぎりが大きいと色々な具が楽しめないと気づいてもすでに遅し。。。
満足がいかないので、
「明日のお弁当は自分で作るから!おにぎりにしよう!!!」


そこで、朝。
6合炊いて、彼女たちはそれぞれこまいながらも
9個のおにぎりをお弁当にして、わたしたちにも6個
つくってくれた。

「なんだか日曜の朝みたいに楽しかった。
 おにぎりパーティだね!」

学校でも具材いろいろのすてきなおにぎりパーティとなったのだろうか。

d0220685_0133193.jpg

d0220685_0132670.jpg
d0220685_0133553.jpg


子どもたちの愛情たっぷりのおにぎり
[PR]
by sorita-exlibris | 2016-12-16 23:54 | おいしいそうな絵本