絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

カテゴリ:家族のあったかい絵本( 1 )

じゃがいも畑

d0220685_2215597.jpg




じゃがいも畑
カレン・ヘス 文
ウェンディ・ ワトソン 絵
石井 睦美 訳
光村教育図書



夏の間ごぶさたしていたトムの庭にお邪魔する。
ふと絵本コーナで目に留まる絵本を見つける。
ひとつは酒寄進一さんの訳書のもので、もうひとつが今日の本。

立ったまま、静かに頁をめくりながら
「間」に佇んでいた。
読み終えて、しばらく私の心のなかで
じんわりと包まれた頃に店主の月岡さんが「いいでしょう」
と声をかけてきた。

本当に「いい。」
しみじみと、その中で刻んでいる時を
わたしは抱きしめた。


食べるにはひどくことかいていた一家。
立派な母さんのためにメイベルが考えたこと。
「あたしたちがとらなかったとしたらさ、じゃがいもはきっと
くさっちゃうんだから。それって、すごくっもったいないことだわ。」

そして姉弟3人は、満月の夜にじゃがいも畑に向かう。

そう、じゃがいもどろぼうをしに・・・・。

3人姉弟の真ん中だからということで
ジャックはなんでも言うことをきかないといけない。
ものがたりは、ジャックの目で語られて行く。

スリルのなかで、母さんを思い、母さんのじゃがいも料理を思い
じゃがいもを袋につめる。

ところが家に戻って袋を見ると
ほとんどが石だった。

そして運の悪いことに母さんが帰ってくるのだ。

おしおきはまず石ころを返しに言ってからだと言う。
どうなるんだろう。どういうおしおきが待っているのだろう
とドキドキが最高潮に達する。
おそるおそる頁を捲ると
想像とは違う「赦し」がそこにある。


なんでも怒るだけではいけないのだと諭された気分だった。
そして、自分自身が過去に許されたいと思っていたのだ。
こどもは失敗をしてもいい人なのだと思う。

たくさん失敗をして、そしてそこで学んで
大人になっていくのだ。

そういう「いいでしょう」という絵本がトムの庭にはある。
迷いも躊躇もなく
どれを手にとっても、「間違いがない」

そんな本屋たくさんあるわけがない。


なによりわたしは、カレン・ヘスが大好きだ。
未読の人は伊藤 比呂美さん訳の「ビリー・ジョーの大地」を読んでほしい。
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-09-13 22:35 | 家族のあったかい絵本