絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

カテゴリ:昔話 寓話( 1 )

フェリックス・ホフマン

今年の夏も、八ヶ岳には行かない。
そういえば、ここ2年は行っていない。
行くと必ず美術館めぐりになる。
それは季節は関係なく、いけばほとんどの美術館を訪れることになる。
子どもたちから言わせれば「好きだけど、いつも全部行くよね」
と言いつつも、奴らも楽しんで、見て、読んでいるのだから有り難い。

八ヶ岳の木々の間に建つ「小さな絵本美術館」は
一歩入ると、もう帰りたくなくなる場所で
図書室の場所なんて、誰もいなかったら、わたしが寝転んで本を読みたかった。
もし、家を建てるなら、絶対に真似て部屋を作ると心に決めたほどだ。

フィッシャーの時の記事はコチラ赤ずきんにあえます。^^

わたしの尊敬する友人は、さとうわきこさんと親しく
一緒にホフマンの土地に訪れている。
そのときのよだれがたれそうなほど羨ましい写真の数々は
見ていて幸せな思いがした。

『ねむり姫』のカエルがいたあの場所やね。あの場所。
ぜんぶ写真にあるの。
あぁ、行ってみたい。

小さな絵本美術館には、うっとりするようなものもたくさんある。
そのひとつであるホフマンがいま銀座にいる。
行けなくて残念だけど、それはそれは素敵なはず。

今回嬉しいのは
d0220685_1040281.jpg

赤ずきん
フェリックス・ホフマン 
大塚勇三訳
福音館書店



d0220685_10414929.jpg

くまの皮をきた男
フェリックス・ホフマン
佐々木梨代子/野村泫  訳
こぐま社

が新登場したこと。

特にこぐま社の この佐々木、野村 両氏の訳はものすごい定評がある。
それはこれらの本をすでに寝物語などで読んであげたことある人は実感済みだと思う。

d0220685_10471183.jpg

子どもに語るグリムの昔話
佐々 梨代子、 野村 ヒロシ 訳
こぐま社


この第一巻に収録されているのもこの『熊皮』
子どもたちにも人気のあるひとつ。
しかもこの両氏の訳、そして、なんといってもホフマンの絵!
是が非とも買うべきである。


ひとつ残念なことは、ラプンツェルが限定出版だから重版未定の品切れ。

福音館書店の皆様、お願いですから重版してください。
ホフマンの絵本は品切れにしないでください。

といっても、つい最近までドーレアも絶版同然状態だったもの
なかなか難しいのだな。でも、それも限定出版だから
買い逃さないように。
わたしは、10年近く前に手に入れているので、大丈夫♩

そして、最後に、ホフマンの絵本に愛を感じ、指示され続けるのには
万人のために作られたのではなく、たったひとりの子どもや孫
それぞれにために作られただからだろうと思う。
思えば歴史ある愛されている絵本は、そういうものが多い。

どうぞ愛を見に、感じ 教文館ナルニア国へ訪れてください。

ホフマン展
[PR]
by sorita-exlibris | 2012-08-03 11:00 | 昔話 寓話