絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

カテゴリ:バーバラ・クーニー( 1 )

にぐるまをひいて

d0220685_2256256.jpg




にぐるまひいて
ドナルド・ホール ぶん
バーバラ・クーニー え
もき かずこ やく
ほるぷ出版



来月、小学校の読み聞かせでこの本を読む。
3年目にして念願が叶うという日。


クーニーの絵は優しい。
見るものを魅了させる。
けして派手ではないのだけれど
だからこそ余計に日常に必要な絵のように思う。


お話はニューイングランド地方の農家の1年を詩ったもの。
年中さんや年長さんの時もじっと聞いていた双子たち。
2年生にもなると、細かい場所まで捉えていることがわかる。


10月父さんはポーツマスの市場まで売りにいく。
1年かけて羊の毛から完成させたショールに、亜麻から育てたリンネル。
しらかばのほうき。父さんがつくったやねいたのたばに野菜たち。

それらが全部うれると、じゃがいもがはいっていた袋や
荷馬車、うし、うしのくびき。全てを売る。

残ったのはポケットいっぱいのお金。

それで家族に必要なものを買う。

長い道のりを歩いて帰り、そしてまた来年のための
一年がはじまる。


すべてを売って何もなくなる頃に
双子のこっちゃんは少し不安顔になる。
けれど、ぼうに新しい鍋をくくりつけ
そのなかに買ったものをいれて、歩いて、あるいて
家路に着くと、嬉しそうに、にっこりする。
まるで、自分の父さんがやっと帰ってきたように。

私が毎月買うお米の生産者の話によると
生産者のだれもがまずお客様という考えで
新米がとれても古米を食べるのだそうだ。
それはもしものことがあって、お米がなくなったことを
想定して、1年分をとっておくのだという。
わたしたちが新米を食べる頃、ようやく彼らは
一年前に新米だったお米を口にするわけだ。


北海道の祖父母の家に遊びに行くと
きちんと来年のための準備があちこちにされている。
種まき用に乾燥されている豆。

種芋になるじゃがいも。
タマネギだって、種を穫るために残しておくのだ。

祖父母はお茶好きで、とにかくお茶を飲む。
お客様も多いし、たくさん消費する。
そのお茶葉一日分を祖母は毎日干しておく。
たくさんたまったらお茶がらの枕を作る。
我が家にもいつかひとつ送ってくれたと思う。

いたんだ着物で掛け布団を作ったり、どてらに変化したりする。
もうすぐ90なのに、手縫いで着物を1年に2枚は縫ってくれる。
「ゆるくない」と言いながら。

田んぼを始めた我が家は、もうすぐ刈入れだ。
畑は次を蒔くために、いま土壌を作っている。
種芋も準備万端だ。

母は、冬にはいるまえに必ず全員に靴下を編んでくれる。
毛糸は、ほどいたセーターだったりする。
傷んでいない毛糸の洋服は、いつかのために
きちんととってある。
傷んでいる毛糸は、ほどいて帽子になったり、また糸を足して
別のものに生まれかわる。


生ゴミは肥料になり、お茶葉は乾燥させ
卵の殻は、水筒を洗うのに役立っている。

着古した洋服はぞうきんになったり、縫い合わせて
新しいお洋服になったりする。

豊田に近い山奥に、有名な地鶏を食べさせる場所がある。
そこにはヤギも羊もいる。

囲炉裏のある場所の隣りの部屋には
織り機が佇んでいた。

お店の人に聞いてみると、羊の毛は売るためではなく
自分たちで刈り取り、糸に紡いで織り機で服を作るという。

平飼いで卵を収穫し、畑を耕し、必要な分だけ鶏肉を絞める。
そして有り難くいただくのだ。


この絵本には、感謝しろとは一言も出ないけれど
土地に、天候に、すべてに感謝して敬虔に質素に生活する家族の姿がある。

小さな頃から、いつでも読んであげたい本。


前のブログのにぐるまをひいて
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-09-17 23:21 | バーバラ・クーニー