絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

人気ジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かめきちのおまかせ自由研究

d0220685_20481934.jpg




かめきちのおまかせ自由研究
村上しいこ作
長谷川義史 絵
岩崎書店


この紹介は2008年に、初代絵本ブログで紹介したもの。
http://soritant.exblog.jp/8666433/
以前の日記の場合コメントもおもしろいです。



7月20日に書いているのに、まるで予想したかのように
この年も、次の年もずっと最終日の夜中までがんばっているむすこ。

さて、小学生最後の夏休みも同じ境遇でがんばっております。

はたと気づいたけど・・・。もしかしてかめきちに挑戦してる?!


*********************
2008年7月20日 記 


子ども時分をよーーーく振り返って
そうそう、目を細めて・・・・ ちょっと、寝ないでくださいね><


宿題 早々に終わらせて片手うちわで遊んでいましたか?
それとも ひぃひぃ唸りながら8月最終日を迎えていたのでしょうか?

わたしは「ちびまるこちゃん」が好きで、その理由は、色々な部分に
共感できるからだと思うけど・・・
夏休みの宿題は、他人事ではないほど><。


大人になって何が嬉しいって『宿題がない』でしたもん。
あっ、もちろんテストも^^

私の友人は、母であり妻であるうえに学生をしている人が1人どころか数人いるの。
すごいなぁ、勉強熱心だなぁ。
講義は聞くの好きだし、読書も好きだけど・・・テストはいまだにやなんだよね><


ところが母になると、他人事でなくなるのですよ。
本人のためのものだから本人次第でしょう。と思うけど低学年のうちはそうも言ってられない。

でも、誰に似たのか、はたまた母が怖いのか、私のように31日に泣いてすがるような子どもじゃないのには助かっている。

が!!!!

小学生3年生になると『自由研究』は必須。
やりたかったらでいいのよ〜 じゃなくなるわけで・・・。
あれしよう。これしよう。頭で試みても実際にしなくちゃ意味ないわけで・・・

で、息子、ひまわり研究にしよ と言ったり。オクラにしよう と言ったり。
で、当然 まだしていないわけで。
どうなるんでしょうねぇ。夢はでっかく、現実は真っ白。



今日紹介する本は、そんな『自由研究』が決まらず途方にくれて路頭に迷うかめきちの最後の数日間を物語にしたもの。

で、結局、何を自由研究にしたと思います?!

『8月31日の夜からはじめて、自由研究ができるかどうかの、実験』を友人しんごとすることになった!!

かめきちは記録係。
で、2人でがんばるんだけど 寝てしまう^^
起きたら夜の10時50分。
まだ なにもできていない。
そのときかめきちはぴーんてひらめいた!!!!

「そや! いま、みんながなにしてるか、調べてみよか。とつげき電話アンケートや」

って夜の10時50分ですよ?!
でもやっちゃうんですねぇ。

作者は三重県出身だそうだけど、お伊勢言葉というよりも浪速っぽいんですが・・・。
関西系のノリで、痛快にギャグを盛り込ませ、もう最初から最後まで大笑い。

この本、夏休みが終わってから息子が発見して買ったけど、「やばいでしょう。そりゃやばいでしょう。」と言いながらゲラゲラ笑っていた。

女子にも男子にもおすすめ。
はっきり言ってストレス解消になります。
暑くて、疲れで、イライラしている子どもにはぴっったり**

だいたい、関西人は存在自体というか、普通の家庭ですでにお笑い芸人のよう。
私の友人たちもそうでした。 
だって真顔でいいますもん。
『あのな、普通でおもろいねん。せやから。吉本はいるやつらはあほ通り越えてるんや。ゆうてみれば、笑いの東大ちゅうとこやな 』

ま、確かに関西人は普通にツッコミとボケがいますから。

この本の中にもいっぱいあります。

よかったら暑気とばしにいかがですか?

あっ、ぜひ地元の方はぜひ『読み聞かせ』でどうぞ。

ちなみにですね。長谷川さんが大阪府出身なんですが・・・・どの絵も
『あくがつよいですわ>< ほんまの大阪人がそこにいてるようです』
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-31 20:53 | 元気が出る絵本 | Trackback | Comments(2)

うんこのたつじん

d0220685_13244265.jpg





うんこのたつじん
みずうちきくお 文
はたこうしろう 絵
PHP研究所


水内先生は、名古屋の自慢すべきお方です。
いつも本屋さんで遠目で素晴らしい人だよなと眺めていたのが
(いらしても、とてもお声なんてかけられない私)
ご縁があって震災の本の支援でお手伝いさせていただきました。

その先生の新刊。
といっても、あたためにあたためてやっとできあがったという
何年ものだそうです。

はたこうしろうさんの絵って優しくて大好きです。
ついこないだもほらふき男爵の本をどっちにしようか
迷って、思わずはたこうしろうさんの絵で決めてしまいました。 ^^


さて、このうんこのたつじん。
実は、本当にあったエピソードを絵本にしているそうです。
こんな先生が本当にいたらステキ。と思ったらいました。
そう、水内先生ご本人でした。


小学校の低学年ってうんちとかおしっことかの
粗相をしてしまことってあるでしょう。
これって周りの反応で今後の人生が決まる。

わたしの記憶を辿っても・・・・たしか誰か粗相をして
しばらくずぅっと『おもらしっこ』と呼ばれていた子がいました。
それは「ぷぅ」とかやってしまってもおなじ。

この絵本では、なんと最後はみんなのうんこ自慢になるのだもの。
ステキだ。
なによりあきこ先生の行動がステキ。

来年ぜひ、読み聞かせで使いたい。
でもそのまえに来週の文庫で早速読んであげようと思います。

ぜひぜひ手もとにとって読んでくださいね。
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-31 13:25 | ほのぼのする絵本 | Trackback | Comments(0)

夏のおわり、秋のはじまり


もうすぐ夏が終わる
闇夜の中に響く虫の声

青い柿
いがいがが大きくなってきた栗

日暮れも早まり、秋のしたくはすすんでいる
手をかざすほど
まぶしい夏の陽射しが好きだった
優しく通りすぎる
秋の風はすぐそこだ

終わりとはじまりの歌
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-27 13:29 | sorita 作 詩 | Trackback | Comments(0)

わにわにのおふろ

d0220685_223507.jpg


わにわにのおふろ
小風 さち ぶん
山口 マオ え
福音館書店
<幼児絵本シリーズ>



末娘のあおは、わにわにがだいすき。
寝る前に必ず、わにわにを3回は最低読む。
というより、3回にしていただいている。

おふろもごちそうもすきで、
旅行のまえに「わにわにのおでかけ」を買い
北海道では「わにわにのおおけが」を買った。

うちには2009年7月号の「わにわにとあかわに」も
あるから、気づいたら全部あるということ?!

双子たちはそれほど、わにわににははまらなかった。
「それなり」だった。
ところがあおは、わにわにがだいすきで
一緒におふとんに入るほどである。

「うりうりうりうり、オォーイエェ」と必ず歌い
「わにわに、洗ってないね」と突っ込む。

もちろん、「わにわにのごちそう」では
「おさら、バーンしてるね。ほうりなげてるよ」
「おやさい、のこしてるね。おちたまんまだよ」

といつも楽しそうに突っ込んでいる。
そう、注意とかではなく、
「わにわには、おもしろいねぇ」と喜んでいる。
「あおは、こんなことしないよ。じぇんぶ食べるし」
とアピールもする。


たしか小風さんは、お話が先に出来ていたけど
なかなかワニのイラストにぴたっとくる人に出会えず
電車だったか、どこかでマオさんのイラストを見て
これだ!と思い、声をかけたとか。

おとながみてもおもしろいのは、細部にこだわったわに印商品と
さすがの木版画技術。


ちなみに、「わにわにのごちそう」では、いつまでもプチトマトが残る。
小風さんが苦手なんだそうだ。
表紙はわにわにがプチトマトの中に入っている。
お話では、最後まで転がっている。

これはマオさんの洒落のようだ。

行きそびれたので、いつか御両名の講演会に足を運びたい。


わにわにのシリーズはあおがスキな絵本のひとつ。
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-23 22:16 | ほのぼのする絵本 | Trackback | Comments(2)

世界は気になることばかり

d0220685_2342637.jpg






世界は気になることばかり
五味太郎
偕成社



いつもの本屋で立ち止まる。
ん?五味さんの新刊。

表紙をじっくり見て
ぴらっと捲る。

たくさん人がいるなかで
おもしろいこと、変わったこと
もしかして、いまの自分だけが気づいた?
なんてことあるはず。

もしかして、自分以外に気づいた
あの子と目が合った
なんてこともあるはず。

色々な場面で起こっている小さなようで大きいこと。
大きいようで小さなこと。

子どもは、大人よりも地球に近い 
たしかそんな言葉を長谷川義史さんがどこかに書かれていた。

地球に近いところで色々見てるから
きっと、いや、ぜったいに
わたしたち大人が気づかないことを
彼らは知っている。

そして時々お互いにそれを話している。

そういうのをメモしとかないと。
耳をダンボにして。

そして、耳に入るたびに
子どもにもどらないと。

子どもは、大人を子どもに戻す呪文を知っている。
だから耳を傾けようと思う。

本当に、世界は気になることばかりだ。
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-22 23:45 | 五味太郎 | Trackback | Comments(0)

はじまりのごあいさつ

d0220685_1135513.jpg




本はちいさな頃からわたしの夢そのものでした。
あるはずのないものを求めたり
あるはずのない世界を あると信じていた
大切な小さな頃の時間そのものです。


本が日常に在る方は口を揃えていいます。
人生のあらかたを本に教えてもらったと。

旅に出たくなるのも
宝を探しにいくのも
小さな家を作りたくなるのも

お姫様になったり、魔女になったり
冒険家や、優しいお姉さんになったり

頁を捲れば
そこには、自分とものがたりの音だけが
進みはじめるのです。

小さな人から大きな人まで
本の頁を捲るしあわせを
届けたいと思います。


その願いを込めて
今日から新たなブログにお引越をします。

soritaの蔵書をお楽しみください。
[PR]
by sorita-exlibris | 2011-08-22 11:36 | ごあいさつ | Trackback | Comments(4)