絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。


by sorita-exlibris

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
kodomiruの部屋
暮らしの綴り文
今日もイシマルケ
バーバラ・クーニー
エルサ・ベスコフ
シャーロット・ゾロトウ
マーガレット・ワイズ・ブラウン
トミー・ウンゲラー
ウィリアム・スタイグ
家族のあったかい絵本
美しい絵本・本
冒険や旅をする話
ほのぼのする絵本
土の匂いのする絵本
元気が出る絵本
おいしいそうな絵本
虫の絵本
誕生日の絵本
二十四節気の絵本
クリスマスの絵本
ちいさいひとの話
魔女、魔法
伝記絵本
昔話 寓話
まなびの絵本
ぴかぴかの1年生
きもちのえほん
戦争や平和、人権の本
安房直子
安野光雅
谷川俊太郎
杉山亮
酒井駒子
川端誠
五味太郎
中学生以上の本
イラスト集
料理本
詩集
暮らしに役立つ本
sorita 作 短編小説
sorita 作 詩
子育てお役立ち本
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 02月
2015年 12月
2014年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

フォロー中のブログ

sketchbook
さこももみのイラストレー...
クールドミール
ちりめん戯縫
felice*poco
絵本とわたしとこどもたち
pinch of sal...
Vivre Lascia...
tette*
すみれ文庫  
sucreの店
curiousからのおしらせ
みず・いろ
海の古書店
Kangaroo books
kodomiru 子...
ナチュラルホームケアとエ...
こまのおっちゃんのブログ
Sea Glass
bou日記
てんとう虫の足あと
櫻 誓願寺 * かわら版
絵本カフェ ちいさいおうち

お問い合わせ

お問い合わせは、info@kodomiru.com
までメールをどうぞ。^^

旧ブログは http://soritant.exblog.jp/
です。

”絵本とわたしとこどもたち”の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止します。

版元の使用許可を得て紹介しているものがほとんどです。


"CopyRight(C) 2006 - 2013sorita All right reserved."

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

人気ジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

本・読書
ライター

画像一覧

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北海道2012と旅のおとも本

d0220685_2295378.jpg


今年も北海道に行った。
思い切って、定山渓から400キロも走ってオロロンラインを通り
豊富町の兜沼に向かった。

途中、留萌にも、天塩にも、素敵なキャンプ場があったが
目指すは兜沼キャンプ場
なんとここのバンガロー10人用は踊れるような広さ。
7人家族の我が家でも、4人用で十分な広さでした。

ここの区域は「坂の上の雲」の撮影場所でもあり、ファンは必見の場所。
わたしは好きなんですが、次の行程もあり却下 苦笑

撮影場所

順序が逆になるが、最初にキャンプしたのはここもう常宿のよう
定山渓自然の村
ここは手ぶらで行っても全てが揃うので、初めての人も心配なし。
夫がアメリカ人の奥さんは、シュラフを借りたようで
しかもそのシュラフが「小川テント」のシュラフ。
快適すぎて、欲しくなったようで、どこに行けば買えるのか?!
とスタッフに聞いてたのが印象的。

驚いたけど、小川テントは破産してたのね。

ちなみに我が家が欲しいテントは小川のコレ
いまのが壊れたら買おう。これね、12人用というのもあるんだよ。
星の見えるテントなのと、特殊な布地を使っているのでむちゃくちゃ丈夫でした。
というのは、一度定山渓で、このテントサイトで泊まったことがあります。
現在は壊れてしまったらしく、このテントはありません。

d0220685_22312862.jpg

現在使用しているのはタープもテントもコールマン。
コールマンは、軍隊用のサイズを一般カラーにして販売した8人用。
同じ物はもうないという平行品。これが一番近いかな?
テント

兜沼のあとは、稚内、宗谷と抜けて
北海道のキャンプ場でも上位に食い込むクッチャロ湖畔キャンプ場に泊
ここは、すごい景色が良くて、風も抜けて良かった。
なにがって同じ湖畔でも屈斜路はアブとブヨがひどいのに
こちらはゼロに近い。
申し込みをすれば、無料でカヌーも楽しめる。

このあと祖父母の住む町へ移動。
後半は、いつもの洞爺湖キャンプ、発の函館から青森へ抜けて南下の予定が
大叔父の急死で全てキャンセル。
でも、母も叔母もみな帰郷し、従兄弟が勢揃いした。
葬儀でも、これだけ親族が揃うのは初めてだと言っていた。
田舎だから、みな外に就職に出て行く、本州の人も多い。
となるとなかなか会えないのだ。
死は悲しいけれど、叔父が用意してくれた最後のギフトのように思えた。


d0220685_22412184.jpg

通り抜けただけだったけど、美瑛は相変わらず美しかった。

でも、今回よかったのはココ
d0220685_2241492.jpg

美しい原生が一面に広がている。




さて、祖母の畑にやまほどあった赤じそを大量にもらってきた。
それをフェリーに持ち込む私 笑
ムカデ騒動で処理できなかったが、いまから葉っぱだけむしろうかな。
薬のせいで一日寝ていてあまり眠たくない。
そういえば、紋別では、梅もおいしそうなものが売っていた。
紋別では、いまが旬みたい。

道ばたには、ルピナスもコスモスも紫陽花も咲いている。
いつも不思議に思う光景。
どこの家も花が綺麗で、その光景はニュージーに似ている。
ニュージーが好きな夫は、オロロンラインを走り抜ける時に
似ていると感激していた。
今年の旅の中で一番気に入った場所らしい。

短い夏と少し早い秋が混在しているけど、
もうあっというまに秋に突入する。

一気に人がいなくなった祖父母の家は
火をきやしたように静かだと言う。

手紙を書こう。

大好きなじっちゃん、ばっちゃんに。


最後に、わたしの旅のおとも

d0220685_22465240.jpg

ホビットの冒険

長女 
d0220685_22471422.jpg

オズの魔法使い

二女
d0220685_2248998.jpg

おはようスーちゃん
三女
d0220685_22501163.jpg

ピーターサンドさんのねこ






でも、長男と長女に一番人気だったのはコチラ

d0220685_2251471.jpg

八月の暑さのなかで

d0220685_2252486.jpg

南から来た男


どちらも傑作。
でもきっと人間椅子とかは嫌いだろうなぁ。
こういうのにも目覚めたかと思うと嬉しさもちょっぴり。
[PR]
by sorita-exlibris | 2012-08-21 22:53 | 暮らしの綴り文 | Trackback | Comments(0)

広島を念う

日本人として、今日という日は忘れてはいけない日。
切らなくてもいい戦陣を無理矢理切らされた日だとも考えている。
なんで、広島で、長崎で、なくてはいけなかったんだ。
そもそも、どうして、使う必要があったんだ。

あれほどの惨状を残し、今もなお苦しんでいるというのに
核弾頭は世界各地に2万発以上存在するという。

広島の原爆約160個分がふりまかれたフクシマの事故

わたしたちが住む国の政治家は、誰のためにいるのかな。

生きているから、関係ない。
現実、困っていないから関係ない。
戦争も原発も水俣病も、おなじ人が困ってるんだけど
そして、一番困っていて、声にも出せないのは子どもなんだけどな。

長谷川さんの絵本の「ぼくがラーメンたべているとき」
あの感覚は大事。



今日という日にこどもたちと読んでほしい絵本。


d0220685_15485739.jpg

さがしています
アーサー・ビナード 作
岡倉 禎志  写真
童心社


d0220685_15502427.jpg

8月6日のこと
中川ひろたか 文
長谷川義史 絵
河出書房新社

d0220685_15551949.jpg

八月の光
朽木祥
偕成社

朽木さんの本は総ルビです。
わかりやすく語られています。


個々の本の紹介はいずれ


広島のカタリベとなったものたち、そしてこの日に亡くなられた
または、これまでに亡くなられた方たちへ
合掌
[PR]
by sorita-exlibris | 2012-08-06 15:56 | 戦争や平和、人権の本 | Trackback | Comments(0)

フェリックス・ホフマン

今年の夏も、八ヶ岳には行かない。
そういえば、ここ2年は行っていない。
行くと必ず美術館めぐりになる。
それは季節は関係なく、いけばほとんどの美術館を訪れることになる。
子どもたちから言わせれば「好きだけど、いつも全部行くよね」
と言いつつも、奴らも楽しんで、見て、読んでいるのだから有り難い。

八ヶ岳の木々の間に建つ「小さな絵本美術館」は
一歩入ると、もう帰りたくなくなる場所で
図書室の場所なんて、誰もいなかったら、わたしが寝転んで本を読みたかった。
もし、家を建てるなら、絶対に真似て部屋を作ると心に決めたほどだ。

フィッシャーの時の記事はコチラ赤ずきんにあえます。^^

わたしの尊敬する友人は、さとうわきこさんと親しく
一緒にホフマンの土地に訪れている。
そのときのよだれがたれそうなほど羨ましい写真の数々は
見ていて幸せな思いがした。

『ねむり姫』のカエルがいたあの場所やね。あの場所。
ぜんぶ写真にあるの。
あぁ、行ってみたい。

小さな絵本美術館には、うっとりするようなものもたくさんある。
そのひとつであるホフマンがいま銀座にいる。
行けなくて残念だけど、それはそれは素敵なはず。

今回嬉しいのは
d0220685_1040281.jpg

赤ずきん
フェリックス・ホフマン 
大塚勇三訳
福音館書店



d0220685_10414929.jpg

くまの皮をきた男
フェリックス・ホフマン
佐々木梨代子/野村泫  訳
こぐま社

が新登場したこと。

特にこぐま社の この佐々木、野村 両氏の訳はものすごい定評がある。
それはこれらの本をすでに寝物語などで読んであげたことある人は実感済みだと思う。

d0220685_10471183.jpg

子どもに語るグリムの昔話
佐々 梨代子、 野村 ヒロシ 訳
こぐま社


この第一巻に収録されているのもこの『熊皮』
子どもたちにも人気のあるひとつ。
しかもこの両氏の訳、そして、なんといってもホフマンの絵!
是が非とも買うべきである。


ひとつ残念なことは、ラプンツェルが限定出版だから重版未定の品切れ。

福音館書店の皆様、お願いですから重版してください。
ホフマンの絵本は品切れにしないでください。

といっても、つい最近までドーレアも絶版同然状態だったもの
なかなか難しいのだな。でも、それも限定出版だから
買い逃さないように。
わたしは、10年近く前に手に入れているので、大丈夫♩

そして、最後に、ホフマンの絵本に愛を感じ、指示され続けるのには
万人のために作られたのではなく、たったひとりの子どもや孫
それぞれにために作られただからだろうと思う。
思えば歴史ある愛されている絵本は、そういうものが多い。

どうぞ愛を見に、感じ 教文館ナルニア国へ訪れてください。

ホフマン展
[PR]
by sorita-exlibris | 2012-08-03 11:00 | 昔話 寓話 | Trackback | Comments(0)