スプーンおばさんのクリスマス

我が家ではちょっとした人気のスプーンおばさん。
いっつもハプニングの中にいる。
というより、作っている? 笑

学研から出ている読み物もおすすめだけど
偕成社から出ている絵本もおすすめ。

d0220685_10383936.jpg

スプーンおばさん
アルフ=プリョイセン さく
ビョーン=ベルイ え
おおつか ゆうぞう 訳
偕成社


スプーンおばさんが住むノルウェーでは
クリスマスになると、鳥たちのために大きな麦束と
宿り木を用意する。

スプーンおばさんも、大きな麦束と鳥たちの素敵な家と
宿り木が欲しかった。
宿り木は、もちろん、愛するおじさんと(夫)とキスをするため。
けれど、どれもおじさんはいらないというに決まっている。
なにせ、おじさんは倹約家だもの。

クリスマスの買い出しに行く日。
目が覚めたら、おばさんは小さくなっていた。
おじさんのリュックに忍び込み
言いたい放題、やりたい放題をして、大きな麦束と鳥のための
素敵な家と宿り木を買わせた。

おじさんはね、おばさんが『スプーンみたいに』小さくなっていることを
誰にも知られたくないの。だから「買わないと姿みせるよ」
みたいなこと言われると、慌てて「これ、ください」をしてしまうのだ。


ところが、ハプニングが起きた。
あることで、スプーンおばさんが風船で飛ばされてしまった。

もう二度と会えないかもしれない。
おばさんがいなければ、麦束も家も宿り木も
なんの意味があるのかと、トボトボと道のりを歩くおじさん。

でもね。



最後はどうなるのでしょうね。
でも、これは絵本ですよ。悲しいわけがないのです。

文庫でも人気のスプーンおばさん。
時々ちいさなレディたちは、スプーンおばさんの話で花を咲かせています。
[PR]
トラックバックURL : https://soritaehon.exblog.jp/tb/15042191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sorita-exlibris | 2011-12-02 10:47 | クリスマスの絵本 | Trackback | Comments(0)

絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。htttp://www.kodomiru.com


by sorita
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31