森 (百年文庫)

d0220685_9261584.jpg



モンゴメリー、ジョルジュ・サンド、 タゴール
ポプラ者


安井寿摩子さんが、表紙を銅版画で描かれているこのシリーズ
ポプラ社の百年文庫
装幀も有名デザイナーが手がける。
書体も行間も美しい、その一言に尽きる。

アマゾンの写真では、その肝心な安井さんの帯が外されている。
もったいない・・・。

本で最も大事なのは、表紙カバーを外しても美しいこと、だと思っている
わたしには、なんともいえない本である。

少しずつ買い集めているが、この行間なら若い子にも読めるだろう
息子にもぜひ手に取ってほしいシリーズのひとつ。


森 は、モンゴメリ、ジョルジュ・サンド、タゴールが収録されている。

モンゴメリのロイド老嬢は、アンの友人のひとり。
アンは出てこないが、いなくても話としては十分に満たされている。
アボンリーの美しさがなんともいえず
モンゴメリ独特の女性の潔さと品位を感じる。
そういう人でありたいと思いながら、わたしには全くもって遠い。

まだ2作もあるのに、これで満足してしまった。
もうすこし胸でロイド老嬢の生き方を考えつつ
落ち着いたら、リストやショパン、たくさんの男性を魅了させたジョルジュを読む。

ジョルジュを読むには、ある意味、正さないといけない、自分の中の何かを。
[PR]
トラックバックURL : https://soritaehon.exblog.jp/tb/17140893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 清流祐昭 at 2012-12-24 11:26 x
「そりぬすみ大さくせん」の日本版は1977/12/20発行です。手元に持っています。姫路市 社会福祉法人八木保育園園長 瀬田貞二の大ファンで、個人ブログ「魔法の小石」にも瀬田さんのことなど少し書いています。
Commented by sorita-exlibris at 2012-12-25 13:10
清流さん、ありがとうございます。
訂正しておきます

ブログも拝見しに伺いますね
by sorita-exlibris | 2012-11-10 09:28 | 美しい絵本・本 | Trackback | Comments(2)

絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。htttp://www.kodomiru.com


by sorita
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30