最近のあおちゃんやら、色々思うこと。

最近のあおは、いろいろわかるお年頃になってきたようで
以前より、より豊かな発言や行動をする。

わけわからず兄がいつもいない生活から
兄は中学で東京に行ったのだとようやくわかり
最近兄が帰宅し上京する度に泣き
先日は突然兄を思い出したらしく突然泣いた。
仕方ない、と電話をしてやると
初恋の相手と話してるようにもじもじくんともじもじちゃん。

ま、まだ13歳。ちったー気のきいたことを言えんのか。
と思いましたが、無理でしょう。
末娘5歳にして初恋は兄、でしょうか。(笑)

さて、娘は東京へはいかず傍にいるのだが
結局、本人の意思で自由に高校を選ぶという道にした。
先日家庭訪問があり県外受験の場合は準備はご両親でお願いします。
そして、3年の1学期、4月または1学期中に担任に教えてください、
という情報もくださった。
(娘の担任は、すごくこういう所の気配りや気づきがよくて尊敬します)

ということは、自由に高校を選びます、という選択を
中学2年生までには決めないといけないということで・・・
受験をするということは、それだけ一生懸命、偏差値のためにも
頑張って行くということで・・・。

はたして自分はそこまで懸命に高校選びをしたのだろうか。
うーん。田舎でよかったと思ったり(笑)

わたしの従兄弟で立派なのがいる。
勉強もできたが、なにより人間が立派なんだ。
先日Z会を溜めている娘に兄が「おまえお金もったいないだろう」と窘めた。
(さすがに学校で経済を学ぶだけある)
その話をしたら、Dちゃんは、「ま、溜めたとしても自分の勉強だし
結局は、いまわかることが重要なんじゃなくて、3年後の受験の時に
自分がどこまでできているか、だよ。」

偏差値とるだけのためのいまの勉強じゃなくて、
3年後の受験をする時に、どこまで自分がもっていけるかだよということ。
さすが、センターを受けてただけあるね。
でも、それが現実。
兄は一貫校で受験はない。でもあなたは受験があるんだ。

今回のテスト期間中、まぁお気楽なこと、お気楽なこと。
その結果次第で彼女も気づきがあれば正すでしょう。
自分で選んだ道、がんばっておくんなせー。


さ、問題は双子だ。
4年生。
きぃきぃと勉強などをどの子もさせたことはないが
この二人はちょっと気合をいれさせてもらおうか
あまりにも愉快すぎる(笑)
といいつつ、いろいろ考える毎日。

とにかく散らかさない家作りを目指そうではないか。
[PR]
by sorita-exlibris | 2013-05-20 00:54 | 暮らしの綴り文

絵本のある暮らしに憧れていたら、いつのまにかたくさんの書物に囲まれていました。htttp://www.kodomiru.com


by sorita
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31